黒水牛台のべっ甲撥(2018年12月入荷分)

ここのところ黒水牛の角で作られた手元を使用したべっ甲撥がなかなか手に入りづらくなっておりまして…..しかしながらようやく3本ほど入手することができました!

やはり天然素材を使用した手元のほうが手に馴染むんですよね〜プラスチックなどの樹脂系素材の手元はやっぱ滑りやすいですしね。ただしこの時期は乾燥に注意!手元がヒビ割れる可能性があります(修理可能)。

ロットナンバー1

  • 重さ:約164g
  • 全長:約172mm、撥先幅95mm
  • 特徴:このべっ甲はけっこう厚みがあるけど柔らかめで良くしなる、甘めの柔らかい音色を出せる。

ロットナンバー2

  • 重さ:約166g
  • 全長:176mm、撥先幅:約96mm
  • 特徴:このべっ甲は比較的硬めなのでシャープな音色が期待できる

ロットナンバー3

  • 重さ:約168g
  • 全長:約176mm、撥先幅:約96mm
  • 特徴:べっ甲があまり厚くないのでガンガン叩く人向きではない、どちらかと言うと女性向き