音色の良い皮張り

皮張りによって三味線の音色は違ってきます。なのでお店によって三味線の音色は様々です。

インターネットメインの価格で勝負しているお店はほとんど「機械張り」(※手張りを謳ってても実際は機械張りだったりします)です。「機械張り」で音色良く張れる職人さんはほとんどいなくなってしまいましたので「機械張り」の多くのお店は非常に残念な音色しか出せません。

インターネットメインでも本当に「手張り」のお店もあるのですが、いかんせん音色良く張れる職人さんはほとんど見当たりません。「手張り」の意味がないくらい残念な音色が多く見受けられます。当店は「手張り」で、しかも「音色良く張れるお店」であると自負しております。

かんべりと端(は)調整

かんべりや端(は)調整などの修理は本来緻密な作業です。見た目にはあまり変化がないように感じられるでしょうが音色においては非常に改善がみられます。

撥の製作/調整/加工

当店はべっ甲や象牙の撥の調整/加工も承っております。他のお店でも撥の加工はやっておりますがお客様に言われたまま加工したりして結局その撥を駄目にしてしまうという残念なお店が多く見受けられます。

撥の加工を手がけるには自身もある程度三味線を弾くことができて、お客様の言葉に対して本当の希望を汲み取り、必要ならアドバイスをして話を突き詰めていかなければなりません。

当店は最終的にお客様を満足させることができる撥を制作しており、加工/調整においても多くのお客様より信頼を頂いております。

津軽三味線教室

当店では津軽三味線教室も運営しております。とにかく敷居を低くしたく、気軽に触れていただいきたい思いからです。