駒の説明 差込式

もともとの上の画像のような駒が当時は主流だったのですが、当店の初代は今では当たり前となっている下の画像のスタイルの駒を発案し、製作したのでした(意匠登録しておけば良かったと口癖のように言っておりましたが)。

駒の改良し、象牙をのっけました

駒は天然素材を使用しているので音色が良くなったとかどうとかはなかなか証明できないのですが、見た目的には大幅に好感度が増しております。

ポイント1:素材で音色が変わる

とある有名な津軽三味線の名人は駒を買われるとき、同じ型の駒が30個あったとしたら、全部試し弾きしてみて、自分の気に入った音色を出す駒を10個ほど選んでまとめ買いしていかれたりします。

このように駒は竹(煤竹)や舎利、象牙などの天然素材を使用しているので全く同じ型であっても厳密にいうと1個1個すべて微妙に音色が変わってきます。

今はもう廃版になってしまいましたが当店では「スピードプロ」なる合成樹脂を使用した駒もありました。このような合成樹脂素材ですとどれもあまり音色が違わないのですが天然素材を使用している場合はそうもいきません。

民謡全般、特に津軽三味線において一番使われているのが「竹」、そのなかでも茅葺屋根において数十年以上燻された「煤竹(すすだけ)」が重宝がられています。

津軽用象牙駒
今では貴重な総象牙製の津軽三味線用の駒